【蓄膿治療に漢方】新潟の漢方外来・水戸部クリニック・頭痛・膿・保険適用・子供・鼻づまり・抗生物質・ステロイド使わない・後鼻漏・体質改善・オンライン診療

蓄膿症(副鼻腔炎)治療の漢方

蓄膿の鼻づまり、頭痛、目の周りの痛み、鼻や口の中の嫌な臭いに漢方薬

 治りにくい蓄膿症状の改善に、体質改善の漢方治療が好評です。鼻づまりや後鼻漏、鼻の臭いが気になる方、鼻茸(鼻ポリープ)のご相談も受け付けております。、 風邪からの鼻炎が治りにくい方、慢性の蓄膿症やアレルギー性鼻炎などによる場合が多いようですが、他の疾患による場合もありますので、一度耳鼻咽喉科での診察を受けられる事をお奨め致します。

 

 蓄膿症状が、スッキリと治りにくい、治っても繰り返す方、抗生物質やステロイドによる治療が合わない方、手術をしたくない方のご相談も多いです。

 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 

蓄膿に漢方

 

◇黄緑色のドロットした鼻水が出る

 

◇鼻が詰まっていて、息苦しい、口呼吸になる

 

◇鼻の中や鼻の奥が痛い

 

◇頬や目の周りが痛い

 

◇鼻や口の中から嫌なにおいがする

 

◇頭痛がする、頭がボーとする

 

◇食べ物の味やにおいがわかりにくい

 

◇喉の奥に、どろっとした鼻水が落ちる

 

などの症状に、細やかに対応できるのが、漢方薬です。

 

 新潟市南区(旧白根市)で診療しておりますが、中央区、東区、江南区、秋葉区をはじめ西区、西蒲区、北区、三条市、燕市からの受診も多いです。遠方からは、村上、胎内、妙高、柏崎、長岡方面からの方や隣県から受診されています。

 

 遠方で、継続的に通院できない方には、自宅で診療できる「遠隔診療」にも対応しております。

 

新潟の漢方ブログ

「漢方ブログ・毎日が漢方」

 

新潟の漢方ブログ

「漢方ブログ・鼻炎・鼻水・鼻づまり」

蓄膿症状や体質に合わせた漢方薬が効果的

 蓄膿は、鼻の奥にある副鼻腔の中に炎症が起こっている状態です。細菌感染などにより、膿が溜まっていたり、炎症による痛みを感じたりします。

 

蓄膿の漢方

 

 東洋医学では、副鼻腔の中の炎症の状態や患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方治療になります。蓄膿の症状の改善と蓄膿を起こしやすい体質を改善する治療と並行して考えます。

 

例えば、

 

◆鼻の中の炎症を鎮め鼻の通りをよくする漢方薬

 

◆鼻や副鼻腔に溜まっている鼻水を吸収して排泄する効果の高い漢方薬

 

◆鼻の粘膜の腫れを鎮める漢方薬

 

など、症状に合わせた漢方薬と蓄膿になりやすい体質を改善する漢方薬との併用が効果的です。

 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 

 また、後鼻漏や鼻茸に対応した漢方治療も行っております。

 

後鼻漏に漢方

「後鼻漏に漢方」

 

 

鼻茸に漢方

「鼻茸に漢方」

 

漢方薬は、健康保険が適用になります

 医師の処方による漢方薬は、通常のお薬と同じように、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っておりますので、必要に応じて漢方薬と一般的なお薬との併用も行っております。

 

【お財布にやさしい漢方はお医者さんで】

 

保険適用の漢方

 「漢方は高い」イメージをお持ちの方がいらっしゃるようですが、医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、漢方薬を個人で購入される場合とは異なり、経済的で続けやすいと好評です。

【自分で調べた漢方が効かない!?】 漢方は、経験処方

漢方相談は、水戸部クリニック

 【効かせる漢方処方は、長年の経験によって活かされるもの】

 

 漢方では、病気や症状に対して、この処方という考え方ではなく、(病気や症状が起こっている原因となる体の状態、体質)に合わせた処方での治療になりますので、患者さんそれぞれのを見極めての処方になります。長年の経験による診断が重要となります。

 

漢方診療30年以上の経験を活かして、新潟の気候や季節変化や患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 

 「自分で調べた漢方が効かなかった。」というご相談を受けることがあります。漢方薬は、病名に合わせて処方が決まるのではなく、病気や症状が起こる原因となっている体質、体のバランスの乱れを整えることで、病気や症状を改善するように整える処方になります。

 

【あなたのための漢方・オーダーメード処方】

 

 診察により一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を熟考しております。新潟の気候や季節変化、体調の変化に合わせて、処方を調節するオーダーメード処方になります。


漢方外来を受診される方

新潟の漢方外来

漢方外来をご希望の方は、受付時に、「漢方外来希望」とお伝え下さい。漢方問診票に記入していただきます。

 

初診の方は、午前中は12時15分頃まで、午後は、17時45分頃までに、ご来院いただけますと助かります。

 

水戸部クリニック診療案内

土曜混雑(9時頃は、待ち時間が少ない事が多い)

【水戸部クリニック診療時間】

胃カメラ【予約制】 8:30〜

【午前診療】 9:00〜12:30

往診

【午後診療】 15:00〜18:00


オンライン診療もできます。【遠方で来院が難しい、診療時間に間に合わない方】

【スマホで、水戸部クリニックの診察が受けられる】   

 

 遠方で来院が難しい方、受診の時間が取れない方、診療時間に間に合わない方は、遠隔診療が受けられるようになりました。

 

 初診から受けられるようになりました。

 

 スマートフォン、PC、タブレットなどで、画面越しに、今までと同じような診察が受けられます。(予約制)

 

 診察を受ける事で、処方せんよりお薬を受け取ることができます。

 

 詳しくはお電話、メール等で、お問い合わせ下さい。

 

新潟の遠隔診療

 

新潟県内外から受診されています

 

水戸部クリニック交通アクセス

新潟市中央区からのアクセス新潟市中央区からの方は、8号線を白根方面へ  北区、東区からの方は、新潟バイパス・黒埼I.Cから8号線へ

新潟市江南区からのアクセス江南区からの方403号線から460号線、8号線へ 秋葉区からの方、460号線から8号線を白根方面へ
新潟市西区からのアクセス西区からの方は、西新潟バイパスを黒埼I.Cから8号線 西蒲区の方は、460号線から8号線を白根方面へ
上越、妙高、柏崎からのアクセス上越、妙高、柏崎、長岡方面からの方は、三条燕I.Cで高速を降りて、8号線から白根方面へ来られた方がわかりやすいてす。(長岡、見附周辺の方は、一般道から8号線で十分だそうです。)
村上、胎内、新発田からのアクセス村上、胎内方面からの方は、日本海東北自動車道や新新バイパス等より、8号線から受診される方、新発田、阿賀野市経由で8号線へ出られる方が多いようです。

 

 新潟の漢方医院・水戸部クリニック 内科・消化器科・漢方内科
 新潟市南区上下諏訪木731−1
 025-372-0755

胃カメラが好評です(予約制) 【消化器内科】

鼻からの胃カメラ

選べる胃カメラ あなたは口から鼻から?

 

 口からの胃カメラ(経口内視鏡)と鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)を選べます。
 胃の調子が悪い方、各種健康診断等で胃カメラをご希望の方は、ご相談ください。(予約制)

 

 詳しくは、こちら


関連ページ

ドライマウスに漢方
治りにくいドライマウス、口の乾き、シェーグレン症候群の改善に、漢方薬が効果的です。
後鼻漏治療の漢方
後鼻漏の不快感を漢方で改善。喉に落ちる痰の塊、臭いが気になる方に好評です。
鼻茸(鼻ポリープ)は、漢方でスッキリ
治りにくい鼻茸(鼻ポリープ)の症状改善、手術後の再発予防に、体質改善の漢方薬が効果的です。
血管運動性鼻炎に漢方
アレルギーではない、血管運動性鼻炎に漢方治療が好評です。健康保険適用です。
アレルギー性鼻炎に体質改善の漢方
アレルギー性鼻炎に保険適用の漢方薬が効果的です。です。体質改善の漢方薬は、眠気が起こらないので、好評です。
中耳炎が治りにくい方に漢方
中耳炎が治りにくい、繰り返す方に、漢方治療が好評です。
耳管開放症
治りにくい・耳鼻科症状に体質改善の漢方治療が効果的です。
唾液分泌過多
治りにくい・耳鼻科症状に体質改善の漢方治療が効果的です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 診療案内 オンライン診療 鼻からの胃カメラ 漢方ブログ